こうち絆ファームの変化

久々に「こうち絆ファーム」の川北のハウスへ行きました。

ハウスに行くとナスの列ことに番号が割り振られています。

職員さんに理由を聞くと、作業説明を簡単にする意味と、と言う意味とおことでした。

利用者さんからは、番号があることで、説明もわかりやすいし、間違えて同じ列を作業したりすることがなくなった。

他にもハウス内の南側の通路を利用して、野菜が植えられていました。

絆ファームで作っている紫ナスとは違う、白ナスに、きゅうり、おくら、トマト、カボチャなどたくさんの野菜が植えられていました

一人の利用者さんが、「作業終わりにとって帰ったり、ナス以外の野菜の成長を見ることができてうれしい。」と言ってくれていました。

少しでも負担減らし、少しでも楽しみを増やす工夫をこれからもしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA